2021年03月26日

3月も残り後わずかです? 4日ぶりの日記です。

今日はもう3月26日(金)です。今の日本の国は全てがデタラメです。まさに下克上の乱世そのものです。つまり、解り易く言えば、【やったモン勝ち!】【 厚かましく執拗に言い続けたモン勝ち?】 【ごねまくったモン勝ち?】特にネット社会が出現してからが顕著になって来ました。

一番解り易い例で言えば、現職のS総理の出来損ないの放蕩息子の長男の会社員でも、キチンと所属する会社の利益を上げると言う結果を出しさえすれば全てが許される。否 むしろ彼は見た目の怪しげな? 風貌とは似つかない? なかなかのやり手のエリートサラリーマンだと言う評判になるのです。

つまり、彼はただ単に自分の出時である? 現職のS総理大臣の長男と言う親の七光りと言う強力な立場を臆面もなく平気で使っているだけの事なのです。彼に特別な営業の能力や資質が有ると言う訳では無いのです。

長男のターゲットにされたエリート官僚達も現役のS総理のしかも長男と顔見知りになる事は自分達の今後に取っても決してマイナスにはならないと読んだ訳だと思います。

つまり、今回のエリート官僚達を接待漬けにしてしまう? と言う強引な荒業はお互いに腹に一物を持つ者同士が多分に相手を活用しながら? 互いに双方を利用し合ったと言う猿芝居そのモノなのです。つまり、テレビの時代劇に出て来る? 材木問屋と抜け荷のお目付け役のお代官様との関係と同じモノなのです。材木問屋の紀州屋にお代官様が紀州屋よ!お前も悪じゃのう? と言うあのセリフ? いやいや、何をおっしゃいます。抜け荷を見逃す代わりに?我々材木問屋からリベート(バック・マージン)を寄こせと言うお代官様の方がよっぽど悪人じゃございませんか。と言う下りと同じなのです。

やがて、ずぶずぶの関係になったエリート官僚達はたかだか40歳そこそこの若造のS総理の長男の罠に見事にハマって行くのです。ほどなくして許認可権を持つエリート官僚達の所属する省庁からの当然の見返りとして? 彼の所属する会社が欲しがる許認可権を付与する事になるのです。この様な悪の相関関係の構図なのです。

つまり、江戸時代の抜け荷等の不正防止のお目付け役の代官と材木問屋の商売人達との関係と同じ構図なのです。人間としてのプライドを失ってでも、結果さえキチンと出せば全てがOKと言う考え方の人間は、何も江戸時代だけに限らず? 令和の現代に於いても少なからず居ると言う証左なのです。人間としての品位や品格が堕ちるところまで堕ちて来たとも言えるのです。

この様な繰り返しが今の日本の霞が関でも毎夜毎夜繰り返されているのです。どうですか? もうエエ加減にこれ等の連中全員に正義の鉄槌を下そうでは有りませんか? 其の為には、今年の9月に予定される衆議院議員総選挙で堕落・腐敗して奢り切っている自民党に一泡吹かしてやろうでは有りませんか。今日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 12:44| Comment(0) | 日記

2021年03月22日

2連休も終わりました。今日からは気分を切り替えて仕事に頑張りましょう。

2連休も終わりました。今日はもう3月22日(月)です。今夜は少し肌寒い感じです。昨日の9時から約1時間のNHKの全国放送で今年の7月から開催予定の東京オリンピック&パラリンピック開催の可否についての大会関係者や有識者をゲストに招いての討論会形式の放送が有りました。

この番組の全体を観ていて感じる事が沢山有りました。兎に角、日本のスポーツ特にオリンピックのメダリストの大部分の元選手の方々に共通してみられる傾向が有ります。オリンピックのメダリストの元選手や現役の選手達は自分の人生を賭けて競技に打ち込んでいるので当然の事だと思います。

しかし、現役を退いて一般社会人となったり、私立大学の各競技種目の指導者の立場に就いた場合に殆んどの元メダリストの選手達が社会常識や自分達の置かれている立ち位置についての自覚が大幅に欠落している姿に驚愕としました。

過去に於いては日本のアマチュアスポーツ選手の身分保障は非常にお粗末極まりないモノでした。しかし、数年前からはその様なアマチュアスポーツ選手達の生活環境が劇的に変わり始めたのです。いわゆる、共産圏の国々程では有りませんが? 日本に於いても各種のスポーツ競技種目の特にオリンピックの正式種目のメダリスト達のコマーシャリズムの世界に於ける宣伝効果(商品価値)がマスコミを通して再認識され始めたのです。

当然日本に於いてもオリンピック種目の中でもとりわけ人気種目のメダリスト達の社会的な知名度と認知度を含めた商品価値や宣伝効果は下手なタレントや売れない芸能人達の比では無くなってしまいました。つまり、今までは単なる金銭的或いは経済的にも余り恵まれなかったアマチュアスポーツ選手達でした。

ところが人気競技種目のオリンピックのメダリスト達の大部分の元選手達は急に社会的な知名度の上昇とマスコミに露出する機会が大幅に増えたのです。その結果金回りが非常に良くなって来て? いわゆる? メダリスト貴族?になってしまいました。其の為に周りが冷静に見えなくなってしまっている元メダリストが非常に多くなって来ている様に見受けられます。

昨夜のNHKのテレビ討論会を観た感想から言います。マラソンの有森裕子氏は現役選手を退いた後にも相当に永い時間を掛けて現役選手時代に余り勉強する機会が少なかった一般常識や社会勉強を真剣に行って来た形跡が彼女の発言の節々に伺い知ることが出来ました。

それに引き換えて同じマラソンの増田明美氏はヒゲ親父から観た感想を正直に言わせてもらいます。非常に残念ですが人間の持っている資質と本質を見抜く眼力と言おうか? 他人に対して平然と差別意識を想起させる様な言動をする業界の著名な有名人に対して、イケない事はイケない事だと決然と非難したり反対する本当の勇気と決断力が有森裕子氏と比べれば全然欠けている事を痛感させられました。常に体制側におもねると言うか? 権力の側に与すると言う増田明美氏の言動を観てヒゲ親父は非常に残念な気持ちになりました。
posted by ヒゲ親父 at 21:15| Comment(0) | 日記

2021年03月19日

明日からは待望の2連休です。ヒゲ親父も久しぶりに心身をリフレッシュしたいと思います。

今日は3月19日(金)です。季節はもう随分春めいて来ました。コロナ禍並びに更にコロナの変異株の猛威がヨーロッパを中心にしてドンドンと拡がっているようです。

更につい先日には東京オリンピック&パラリンピックでマタマタ問題が噴出しました。この大会での開会式のイベントのチーフプロデューサーと言われる元電通のやり手の66歳のイカレポンチのアホウなオヤジがしでかした? 全世界の笑いものにもなる様な馬鹿馬鹿しい女性タレントを蔑視した様な発言です。

本当に次から次へとトンデモ無い男どもが問題を起こしています。このイカレポンチの66歳男も一応は世間からの評価は元電通の敏腕プロヂューサーと言う評価と触れ込みでした。しかし、残念ながらこの66歳のやり手のプロヂューサー親父の正体は? 果たして! 本当の所は調子をこいた? エエ歳をした単なる女性蔑視を平気でするようなノー天気な男でした。

処で、冷静になってよ〜く考えて見ればこのお調子者のやり手のプロヂューサーも、今や時の人になってしまった? S総理の長男の出来損ないの放蕩息子と殆んど遜色が有りません。片や40歳の世間知らずで苦労知らずの若造です。そしてもう一人の66歳のプロヂューサーとおぼしき男は66歳のほぼ人生の何たるかを?知っていてもエエはずの年齢の男です。

しかしながら、2人の男どもに共通している点は、2人共に人生に於ける苦労を殆んど体験も経験も少ないと言う点と、自己陶酔型のうぬぼれ屋の典型的な自己中心的な人間像が垣間見える点が共通項です。

然るに、S総理の長男は親の七光りを巧みに活用する世渡り術には40歳の若輩者の割には非常に長けているし? 片方の66歳の敏腕プロデューサーのロクでも無い男は自分の置かれた地位や肩書の上に胡坐をかいた謙虚さのカケラも垣間見れない不届き者でしかない男だったと言う事です。今夜のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 19:42| Comment(0) | 日記