2021年03月19日

明日からは待望の2連休です。ヒゲ親父も久しぶりに心身をリフレッシュしたいと思います。

今日は3月19日(金)です。季節はもう随分春めいて来ました。コロナ禍並びに更にコロナの変異株の猛威がヨーロッパを中心にしてドンドンと拡がっているようです。

更につい先日には東京オリンピック&パラリンピックでマタマタ問題が噴出しました。この大会での開会式のイベントのチーフプロデューサーと言われる元電通のやり手の66歳のイカレポンチのアホウなオヤジがしでかした? 全世界の笑いものにもなる様な馬鹿馬鹿しい女性タレントを蔑視した様な発言です。

本当に次から次へとトンデモ無い男どもが問題を起こしています。このイカレポンチの66歳男も一応は世間からの評価は元電通の敏腕プロヂューサーと言う評価と触れ込みでした。しかし、残念ながらこの66歳のやり手のプロヂューサー親父の正体は? 果たして! 本当の所は調子をこいた? エエ歳をした単なる女性蔑視を平気でするようなノー天気な男でした。

処で、冷静になってよ〜く考えて見ればこのお調子者のやり手のプロヂューサーも、今や時の人になってしまった? S総理の長男の出来損ないの放蕩息子と殆んど遜色が有りません。片や40歳の世間知らずで苦労知らずの若造です。そしてもう一人の66歳のプロヂューサーとおぼしき男は66歳のほぼ人生の何たるかを?知っていてもエエはずの年齢の男です。

しかしながら、2人の男どもに共通している点は、2人共に人生に於ける苦労を殆んど体験も経験も少ないと言う点と、自己陶酔型のうぬぼれ屋の典型的な自己中心的な人間像が垣間見える点が共通項です。

然るに、S総理の長男は親の七光りを巧みに活用する世渡り術には40歳の若輩者の割には非常に長けているし? 片方の66歳の敏腕プロデューサーのロクでも無い男は自分の置かれた地位や肩書の上に胡坐をかいた謙虚さのカケラも垣間見れない不届き者でしかない男だったと言う事です。今夜のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 19:42| Comment(0) | 日記