2021年04月15日

3日ぶりの日記です。二階幹事長もたまには良い事も言います。今日の勇気ある発言は評価しています。

東京オリンピック&パラリンピックの開催まで既に100日を切りました。しかしながら、開催国の日本では依然として新型コロナウイルス及びその変異株の感染拡大の勢いは益々強まって来ています。

特に大阪府を始めとする西日本各地に変異株の急速な拡がりを見せています。その折の今日4月15日(木)の記者会見で二階幹事長がその見解について発言しました。

二階幹事長はこのままコロナウイルスの感染拡大が収まりを見せなければ? 東京オリンピック&パラリンピックの開催は事と次第によっては開催を中止する事も決断しなければならない事態が発生するかも知れ無いと発言しました。

この発言は責任ある立場の自民党の幹事長としては凄く当然の判断で非常に正しい決断だとヒゲ親父は評価しています。彼のこの発言に対して何の不満や言い間違いが有ると言うのでしょうか? イチイチ報道機関があれこれとクレームを付ける問題では全然無いハズです。 

今の日本国のマスコミ関係者達の一番間違っている点は彼等が自分勝手に世論構成を行っている事です。自分達こそが一番の正義並びに国民の意思を反映していると独善的に考えている事です。

傲慢で思い上がっている報道マスコミ人達特に時の政権よりの報道関係者は本当にたちが悪い人間ばかりです。反対意見や異論を決して許さないと言うまさにマスコミ&報道機関に依るファシズムにも似た? 言論統制的な社会のような雰囲気なのです。

此れも全ては元をただせば約8年近くにも及んだ、本当に賢く無いA元総理大臣が在任した時の、彼に忖度したり? 彼の言動に批判をする事を遠慮して?口をつぐんだり? A元総理大臣の無能さ厳しく糾弾せずに? むしろ見て見ぬふりを決め込んで「わきまえる姿勢」で終始した「御用報道マスコミ各社」が遺した取り返しのつか無い「亡国の悪しき風習」だとヒゲ親父は考えています。今夜のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 22:03| Comment(0) | 日記