2021年05月28日

今日は5月28日(金)です。5月も残り僅かです。今日も嬉しい出来事が有りました。

今日はもう5月28日(金)です。5月も残りあと僅かとなりました。前回の日記でも書きましたが、現在73歳のヒゲ親父です。18歳で初めてバーベルを握って今年で満55年目です。

徳島県産まれのヒゲ親父です。会社の転勤でよその土地の香川県に来てもう既に50年以上が経過しました。昭和46年に高松市内に高松トレーニングクラブを開設して今年で丁度満50周年目を迎えます。

ジムの会員さんは元より周りの多くの人達の心温まる支えや援助で此処まで頑張って来れました。本当に有難い事だと感謝して居ます。

今日も夕方にジムに電話が掛かって来ました。ヒゲ親父のジムの会員さんでは無い人からの電話でした。どうやらヒゲ親父の書いた日記を読んでくれた人の様です。その方は現在ヒゲ親父のジムでは無い別の市内のジムに筋トレに通っているとの事です。

電話での応対ぶりから非常に几帳面で真面目そうな方の様でした。聞くところによれば現在彼は柔術の稽古を本格的に行っているとの事です。彼のリクエストは柔術の競技力を向上させる為の本格的な筋トレ方法をヒゲ親父にパーソナル指導として教えて欲しいと言う事です。

ヒゲ親父に取っては本当に有難いし嬉しい事です。近日中にパーソナル指導の予約を取ってくれるとの事です。まだ見ぬ柔術競技の選手を目指す彼との初対面を楽しみにしています。今夜のヒゲ親父でした
posted by ヒゲ親父 at 17:26| Comment(0) | 日記

2021年05月25日

今日はもう5月25日(火)です。もう5月も残りわずかです。決断力の無さが日本人の最大の弱点です。

政治家がだらしなくなり腐りきって来ていることは既に述べてきました。オリンピックの開催に対してもIOCのバッハ会長も副会長のコーツ氏も本当にオリンピック貴族を地で行くような自己中心的な発言にはもう言葉もありません。

国のリーダーたる総理大臣のリーダーシップの能力の欠如にはもう言葉もありません。無能で勉強不足な2世議員や政治家を政治屋とはき違えている利権や権益のみを追い求めて政界を暗躍してのさばって来た世襲議員達のたまり場が今の自民党政権の偽らざる姿だと思います。

これも全てはS・A元総理大臣に始まる丸まる8年間にも及ぶでたらめで好き勝手に振舞ったお友達内閣による政権と大臣任命劇のたらいまわしが一番の元凶でした。

何度も繰り返しますが幾ら出自が名門の出であろうと?その人間の能力や資質とは殆んど関係がありません。どのようにひいき目に見てもS・A元総理の人間的な魅力と国を引っ張る能力に素晴らしいモノがあるとは到底思えません。

そこいら辺に居るド素人の人物中にでも彼よりかは遥かに能力も資質も優れている人物はごまんといます。政治的に彼が8年間にやってきたことは本当に日本の国益を大きく毀損して来たことの方が遥かに多いとヒゲ親父は考えています。

最後に言っておきますと、日本人は知識レベルが高いので判断力は非常に優れていると思います。しかし、日本人が他の民族に比べて非常に劣っていることは「決断力」が大幅に劣っていると言う点です。

その主な原因は日本が島国であると言う地政学的な点が一番です。さらに言えば農耕民族の日本人は農作物を生産して収穫をする。そしてそれらの農産物を貯蔵して蓄える事の繰り返しで民族の調和と維持を保ってきた。

それに引き換えて狩猟民族のヨーロッパをはじめとしての他民族との著しい相違点は、先ずは生きた獣を狩猟という手段で殺すと言う行為は逆に殺される側の獣達もそう簡単に殺されてはたまるモノかと思って逃げ回ることもあるハズです。

また追い詰められた獣たち側からの反逆も当然にあり得るハズです。つまり、獣を狩猟で殺す意図の人間の側とそうはいくかい?と反逆する側の獣たちとの互いに自らの命を懸けたせめぎあいの闘いなのです。

当然の帰結として稲作を基本とする日本民族とほぼ毎日のように確かに獣を殺す殺生をする狩猟民族の他民族との一番の相違点は?生きるためとは言え!お互いの命のやり取りを日常的に行っている民族の人間は瞬間的にも自分達が生き残るための最善の手段をその場その場で決断する事を余儀なくされて来たはずです。

そこの点が最初に言った、総じて日本人は自分たちが置かれた状況に対しての判断力には非常に優れていると思います。が?イザという時の決断力が大幅に欠けていると思います。その代表例が開幕2ヶ月前の今に至るも東京オリンピック&パラリンピックの中止の決断が出来ない決断力の無さが露呈しているのです。今夜のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 22:27| Comment(0) | 日記

2021年05月21日

相撲界からも? 政界からもどうしてこんなに懲りない面々が続々と出て来るのでしょうかね? ホンマにもう?

自慢じゃないが、ヒゲ親父夫婦はこれまでは最低でも毎週2回以上は喫茶店にお茶をしに通っていました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の報が全国的に報道されかけてからは? 実にもう足掛け2年近くは喫茶店通いは完全に止めています。

さて、相撲界の日本人の有望力士の大関A山関が夏場所前のキャバクラ通いが発覚しました。協会の事実確認と事情聴取で嘘を付いて完全否定。しかし、その後の再聴取で一部を渋々認めたとの報道です。ヤッパリ最初から嘘はイケません。自分がやった事なら最初から正直に認めるべきでした。

続いて現防衛大臣のN・K氏と元総理大臣のS・A氏の兄弟による国家の危機管理の脆弱さに警鐘を鳴らしたマスコミ報道に対して逆恨みをしたお門違いの言動の件です。例のインターネットを利用してのコロナワクチン接種の申し込みの件です。

朝日新聞系列と毎日新聞の記者が試に架空の申し込み番号で申請してもすんなりと受付が出来たと結論付けた記事の件です。ただでさえ? アジア各国の中でもインターネットの普及率は勿論、各種のインターネット関連のセキュリティー問題ではその脆弱性と知識不足が日本国の最大の弱点と指摘されています。我が国を取り巻く近隣諸国のインターネットのハッカー集団の暗躍は周知の通りです。

つまり、朝日と毎日の報道機関は現在の日本国の防衛省のインターネットのセキュリティー対策の脆弱さと専門知識の不足を指摘しただけの事なのです。上記の典型的な2世議員でもある? 現役のN・K防衛大臣とその実兄の元総理大臣のS・A氏の2人の兄弟議員が何等の深い思慮分別も無く単なる個人的で単細胞的な逆恨みでの発言だったのです。

確かに上記の2人の兄弟の出自は山口県の名家名門なのでしょう。しかし、それがどうしたのでしょうか? 我々日本国民に取って一体何の意味が有ると言うのでしょうか? 勿論、人を人相や顔つきで即断する事はイケません。しかしながら? どうひいき目に見ても現職の防衛大臣のN・K氏の顔つきや目つきは残念ながら聡明で思慮深くにはとても見受けられません。かてて加えて、兄の元総理大臣のS・A氏も愚かな弟さんに負けず劣らずの、大きな国家観や大局的に物事が観られるタイプの人間では有りません。皆さんよ〜く考えても観て下さい。この様な典型的な2世議員としての欠点と弱点を持ったの2人の愚かな兄弟の独断と偏見だけで安易に日本国憲法を改正されてはたまったモノでは有りません。

最後に同じく典型的なアホウでバカ丸出しの2世議員の上級国民を気取った病気による超豪華な入院歴を紹介します。以下はコロナ禍で東京都の医療が崩壊寸前に成っているさなか?の聞いて驚くほどのバカげた取り扱いの顛末です。 元作家で今は少しだけ老人ボケ気味の元東京都知事であったS・I氏でもある元衆議院議員の長男である典型的な2世議員のN・I氏の件です。彼は上級国民としての処遇を受けて自身の病気療養のための優雅な入院生活を送った事がマスコミで報じられました。

馬鹿馬鹿しいお話の続きです。元総理大臣のJ・K氏のこれまた次男の若手の有望株と目されていた? しかし、彼も典型的なお坊ちゃま2世議員の典型です。苦労知らずのノー天気な思慮分別に大幅に欠けています。単なる盲腸手術の為に1泊18万円もする超豪華なホテル同様な病院に入院していたとの報道が駆け巡っています。

変異株の感染拡大が叫ばれて医療の崩壊が危機的な状況に成っていても? アホウでトンマな世間の眼を全然気にしない無神経さには開いた口が塞がりません。この様なアホウで無神経な能無しの2世議員達が今の自民党の偽らざる姿なのです。今日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 14:18| Comment(0) | 日記