2021年05月06日

今の日本の政治家で覚悟を決めてリーダーシップを取れる人物は皆無です。

戦後75年間の惰眠を貪って来た報いが此処に来て露呈しています。その間 国の政治は政治家に任せて置けば良いと決め込んで来た、日本国民の無責任さが一番の原因だとヒゲ親父は考えています。

国民の政治離れの間に自分たちの好きなように無能な2世議員や政治家をあたかも我が家の家業のように錯覚をした世襲議員達がこの75年間にのさばり始めたことも政治家の堕落の始まりだったのです。つまり、国民を下に見て自分達こそが選ばれし人物だと言う思い上がりが今日の体たらくの始まりだったのです。

兎に角、もはやこの国にはまともな政治家は殆んど存在しません。特に自民党に於いては元総理のA氏を筆頭にして人間的に信頼出来ない人物ばかりが目立っています。謙虚な姿勢で政治を行っている政治家は皆無といえるくらいにひどいものです。自民党の政治家たちのぞんざいな態度や行動を見れば本当に目を覆いたくなるくらいです。

最後に野党の政治家たちももう少し性根を据えて政権交代に全力を傾注して頑張ってやって貰いたいとヒゲ親父は願っています。
posted by ヒゲ親父 at 22:48| Comment(0) | 日記

2021年05月05日

世の中には下劣で悪どい人間が少なからず居るものですね。

本日の夕方に信頼できる友人からの連絡で知りました。「JPAの事を何でも話すグループ」と言うフェイスブックに書き込んでいる記事に対して「ヒゲ親父」の名前を語ってその記事に対して「いいね」を書いている。と言う連絡を受けました。早速上記のフェイスブックを観てみましたら、「いいね」をしている欄にヒゲ親父の名前を見つけて証拠のスクリーンショットを撮っておきました。

ヒゲ親父は過去に於いてもこの様な「JPAの事を何でも話し合うグループ」のフェイスブックに書き込まれた記事に対して今までも1回も「いいね」を書き込んだ事実は一切有りません。一体何処の誰かは知りませんが?
ヒゲ親父の名前を勝手に語って「いいね」と書き込んだ人にハッキリと抗議をして置きます。一体何の目的でこの様な人間として浅ましくも卑劣で恥知らずな行為をするのでしょうか? 人として恥を知れと言いたい気持ちです。反対にあなたが他人にその様ななりすましの卑劣極まりない行為をされたら? あなたは黙って見過ごしますか。と逆に問いたいと思います。

何の目的かは知りません。が今後この様な「ヒゲ親父」の名前を語ってあたかも本人になりすましたような卑劣な行為で「いいね」等の書き込みをした悪辣な事例の現場を見つけたら証拠の写真等をきちんと残して置きます。そして其の後には間違いなく「名誉棄損罪等」でキッチリと訴える積りです。以上を警告致して置きます。本日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 19:08| Comment(0) | 日記

遂にゴールデンウイークも今日で終わりです。 。

今日の高松市は朝から雨が降っています。ゴールデンウイークの休みも今日で終わりです。いま午後の3時半過ぎです。昼からジムにきて仕事をしています。外は雨が激しく降っています。

処で、以前から日本人は大事な問題に付いて全国民がトコトン冷静な議論が出来ない民族であるとヒゲ親父は現在まで何回も自分の日記に書いて来ました。今日のインターネットの記事の中に本当にヒゲ親父と殆んど同じ考え方のドイツの新進気鋭の哲学者の考え方の記事が載っていました。

彼の名前は1,980年ドイツ産まれの現在41歳の天才哲学者と注目されている「マルクス・ガブリエル」と言う人物です。彼も日本人は一つの問題に対して2つまたはそれ以上の複数の異なった意見が出た時にどうして最後まで冷静な態度で充分な議論が出来ないのであろうか? これほどまでに頭脳明晰で知的レベルの非常に高いハズの日本人が何故? どうしてなのだろうか? と大いに疑問を呈しています。

ヒゲ親父が日本人として考えつくその一番の原因は互いに意見が対立した時にその原因を探る為のプロセスや対立を解消する為の方法論についての本当の意味でのディべート(あくまでも議論による意見の闘わせ合い方)の仕方や経験も学校教育を通しても非常に少なくて乏しい事が一番の原因だと思います。

またそれを助長する様な悪しき日本人の習慣では「能弁は銀・寡黙は金」とか「寡黙は能弁に優る」等のいかにも喋る事や自分の意見を正々堂々と言う事を毛嫌いしたり? 喋らない事を喋る事よりかは人格的に優位に置くと言う日本文化に根ざす格言や諺が非常に多いのです。

ある重要な案件に対して本当は自分としては言いたいことや発言したい意見がある場合でも? 日本に於いては漢たるものは絶対に黙って喋らない事を旨とすべし。喋った方が負けだと言う伝統と文化が今も日本人の心の中に厳然と根付いているのです。しかし、もうエエ加減に日本人もここいら辺で大きく様変わりをしたいものだと思いませんか?本当に。 今日のヒゲ親父でした。

posted by ヒゲ親父 at 17:09| Comment(0) | 日記