2021年05月06日

今の日本の政治家で覚悟を決めてリーダーシップを取れる人物は皆無です。

戦後75年間の惰眠を貪って来た報いが此処に来て露呈しています。その間 国の政治は政治家に任せて置けば良いと決め込んで来た、日本国民の無責任さが一番の原因だとヒゲ親父は考えています。

国民の政治離れの間に自分たちの好きなように無能な2世議員や政治家をあたかも我が家の家業のように錯覚をした世襲議員達がこの75年間にのさばり始めたことも政治家の堕落の始まりだったのです。つまり、国民を下に見て自分達こそが選ばれし人物だと言う思い上がりが今日の体たらくの始まりだったのです。

兎に角、もはやこの国にはまともな政治家は殆んど存在しません。特に自民党に於いては元総理のA氏を筆頭にして人間的に信頼出来ない人物ばかりが目立っています。謙虚な姿勢で政治を行っている政治家は皆無といえるくらいにひどいものです。自民党の政治家たちのぞんざいな態度や行動を見れば本当に目を覆いたくなるくらいです。

最後に野党の政治家たちももう少し性根を据えて政権交代に全力を傾注して頑張ってやって貰いたいとヒゲ親父は願っています。
posted by ヒゲ親父 at 22:48| Comment(0) | 日記