2021年09月11日

今の日本国の政治家の中には? 人生の機微や人間性が突出して魅力的な国会議員は残念ですがいません。

取り敢えず菅総理の後継総理を決める総裁選に立候補する国会議員が昨日までには3名が名乗り出ました。一番最初に名乗り出たF・Kは元々調整型の温厚な性格の人物です。残念ですが? 全く迫力はありません。

しかし、昨日出馬表明をしたT・K氏には本当に失望させられました。出馬前は勢いに任せて相当に気合の入った政界浄化を目指して行く姿勢と発言をしていました。しかし、昨日のT・A代議士の立候補後の所信表明の記者会見を聴いていて本当にがっくりとしました。

彼をもってしても? 自派も含めて各有名派閥の領袖や先輩議員達に遠慮をしたり忖度をする発言にト〜ンダウンさせていたのです。此の男も間違って総理大臣に成ってもキット短命に終わると予想されます。こんな事なら初めから年功序列による順送りの派閥政治からの脱却等と言う派閥打破の様な格好良いセリフを吐いてはいけません。

いずれにしても、今の日本国の殆んど勉強らしい勉強をしていない? 二世議員バカリが幅を利かせている現状では誰が出て来ても恐らくダメだと思います。つまり、本気で政界の各派閥の領袖や先輩議員達に正面から正々堂々と「議論と所信表明のディーべート」のケンカを売って行く程の国士的な熱血漢はただの一人もいないと断言をしておきます。

マダマダこの国の凋落のスピードは今後も増して行くものと思われます。どうか、アジアの3流国に落ちぶれて行く前に? 早く出て来て欲しい。憂国の熱血漢よ。今日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 12:33| Comment(0) | 日記

2021年09月10日

ちょい悪親父を気取っている? 団塊世代のヒゲ親父の仲間のお爺さんの予備軍の方々に忠告しておきます。

日本人の平均寿命が大幅に伸びて来ている事は大変に喜ばしい事だと思います。しかし、それは心身共に健康であることが絶対条件です。人生100年時代だ等とマスコミは無責任に煽っています。やはり、其の為には後期高齢者の仲間入りにするに際して最低限度心得ていなければイケないことが有るとヒゲ親父は捉えています。

前からの日記にも書いて来ました。近頃しきりとエエ年齢を重ねた?  具体的に言えば70歳代後半の「ちょい悪親父」を気取ったじじいを時々見かけます。ヒゲ親父と同年代の団塊世代の御仁だと思われます。老婆心ながら何回も繰り返して忠告を致します。心身の健康の度合いや精力の旺盛さには確かに個人差が有ることは否定は致しません。

しかしながら、幾ら「ちょい悪親父」を気取っている御仁にも忠告をしておきます。なかでも、常に高血圧の数値が高い団塊世代のおじいさん達? 更に言えば、毎日の晩酌セットを絶対に欠かさない爺様は特に注意を払って下さい。特にこれから先の気温が寒くなる冬場には「要注意」を払うべき季節です。特に入浴時や「用を足す」時にもむやみやたらと「いきまない」事ですよ。

ヒゲ親父と同世代の団塊世代の「ちょい悪親父達」に要らぬお世話だと叱られても敢えて最期の忠告をして置きます。マダマダ俺達は精力も有り余っているからと有頂天になって年齢に不相応な若い女性とモーテル等にしけこんで「ことに及んで?」人生の最終章で誠に不本意な「晩節を汚す行為」にならないようにお互いに十二分に注意を払いませんか。

確かにかく言うヒゲ親父も73歳の現在も身体の関節と言う関節は全身ガタガタになっています。従って毎日の生活では杖が無くては不自由です。ただ、ヒゲ親父は人生に於いて酒もたばこもたしなま無いママに今日まで生きて来ました。そのせいかどうかは? 解りません。しかし、今のところは幸いにも胃腸をはじめ内臓の調子はすこぶる良くて毎日の食事は美味しく食べることが出来ます。

更に言えば今のところは頭の中味の方もまだまだボケてはいません。しかし、日々の生活の中では間違いなく人の名前を忘れたり? ジムに来てくれた来客の方の名前が直ぐには思い出せない事も頻繁にあります。老いは間違いなく襲って来るのです。お互いにそろそろ往生際に備えて今からシッカリと準備をして行こうではありませんか。その為にも興味のある本を毎日欠かさず読んでいます。人生は何時までも勉強あるのみです。
今日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 12:49| Comment(0) | 日記

2021年09月09日

こんばんわ。今日は2回目の時時刻刻の日記です。時間がある人は是非とも読んで下さい。

確かに時代は目まぐるしく物凄いスピードで変化していることは事実です。更に言えば医学の進歩や公衆衛生の知識の向上と同時に栄養状態の進歩によって日本人の平均寿命は大幅に伸びていることも事実です。

しかし、実年齢に呼応した実際の人間が生きる健康寿命は平均寿命よりかは少しバカリは低いのが本当のところです。今後の社会のあり様は何時までも元気で働く必要性と意欲のある人は? 今までの人生で培って来たり磨き上げてきた豊富なキャリアを生かしてそれなりに適度な収入を得れば良いと思います。

それに比べて少しだけ生活や収入に余裕がある人達はボランティアや社会に役立つようなアドバイスをする活動に就くことも非常に有意義だとヒゲ親父は考えています。つまり、人生の先駆者や達人と言われる人達が有能で意欲にあふれた若手の人材育成にこれまでのキャリアを伝授してあげる方法をシステム化すれば良いと思います。

当然のことですが、この様な有能な後進育成のプロジェクトの講師役の「人生の達人」と言われる人達にはそれ相応の経費は支払うべきだとヒゲ親父は考えています。しかし、この様な高度で優秀な技術や改革的で斬新な発想の転換が終了した後の日本社会で中心的になって働く世代の人間はやりは30歳代から40歳代の若手の人材が中心になるべきだと考えます。何時までも70歳を過ぎた老人達が社会の中心で活躍すべきでは無いとヒゲ親父は捉えています。

現在の旧態依然とした悪しき慣習から全く逃れられない? 今の日本の馬鹿で能無しな世襲議員達や二世議員達の国会のあり様を良〜く考えて見てください。実は我々国民こそが、本来的にはこの様な無能で役立たずの国会議員たちを沢山産み出して来た全責任を負うべきなのです。この国の行く末が暗澹たるモノになると思いませんか。

今回の菅総理が退陣した後の総裁候補選びでの茶番劇を見ていると、各派閥の領袖と言われる政治屋のお爺さん達に申し上げたい事が有ります。 お前さん達は一体自分達が何様だと思っているのですか? 何時までこの様に国民をバカにしているのかと改めて問うて見たい気持ちです。

全く自分自身が阿呆でバカ丸出しの勉強不足の人間だとは全然気が付いていない?  本当におめでたい人であるT・A元総理やら? 都合が悪くなったら何時もの腹痛か腹下げの胃腸病のせいにして政権途中で2回も放り出しの常習犯のS・A元総理大臣です。余談ですが、この元総理大臣は余りにも人間性が信頼できないので? ヒゲ親父はどうしても好きには成れないのです。

この2人の元総理大臣が実は日本国の今後のキングメーカーに成りたがっている御仁なのです。どうか、我々国民の皆様方ももう一度良〜く考えて見て下さい。この程度の男達が今後の日本政界のキングメーカーだと言うのでしたらちゃんちゃら可笑しいと思いませんか。早晩日本国も大した国ではないと思いませんか。

真剣に今こそ総裁選の候補者として立候補する勇気のある若手の国会議員たちに言いたい。 何を派閥の領袖たちに遠慮をしたり、忖度をしているのでしょうか? その理由がヒゲ親父には理解が出来ません。現状の日本の政界のあり様に対して本当に不平や不満が有るのなら? 思い切って自分自身の考え方や意見を言うべきであるとヒゲ親父は考えています。

今や全世界がネット情報の全盛時代です。SNSやらラインやらフェイスブックでの意見や情報が全世界を駆け巡っている時代です。旧態依然とした古臭い大学の武道系の体育会の様な上意下達の世界でも近頃では昔とは比較にならないような相当に民主的な組織に成って来ています。皆さん方もそれほどにはバカではないですよ。

日本の政界だけが時代錯誤も甚だしい封建時代の遺物であって良いハズは無いのです。もうエエ加減にこの様な親分子分の関係性から勇気と決断力を持って脱却すべき時が迫って来ているのです。本当に自分自身の立場や地位や名誉も捨て今の様な日本の政界の古臭い何の役にも立たない有名無実なバカげた非民主的な手法をぶち壊す時が来たと知るべきです。

派閥の領袖たちや先輩議員達に何の遠慮や忖度が要るのでしょうか。有能で充分に政治の何たるかを勉強をしてキチンと論陣を張れる若手の有能な国会議員達が一人でも多く手を挙げる時が来たと自覚すべきです。マスコミや国民が注視の中でキチンと双方に公平な発言の機会とチャンスを与えて、今までの日本人が一番不慣れで下手くそな「ディベート合戦」を派閥の領袖達や先輩議員達を相手に有能で勇気と決断力のある若手の国会議員達が互いに仕掛け合えば良いとヒゲ親父は考えています。恐らく、今まで派閥の領袖や親分や先輩議員達の言う通りにしたり、忖度する事しか能が無い議員達が大部分です。彼等は「ディベート」の意味もやり方すらも全然理解をしていないと思います。


キチンと出るところに出て? 私は今後の日本の政界や日本国をこの様に変えて行きたいんだとなぜ正々堂々と言えないのでしょうか。今の日本のネット環境やマスコミ注視の中での現状であれば? 余程のことが無ければ命までは取られる事は無いのですから。決して油断は出来ませんが、そんなには心配は要りません。

その結果、総理大臣の指名選挙で残念ながら敗れた時には国会議員を辞めればエエじゃないですか。テレビの討論会などの全国民が注視の中でなぜ正々堂々と自分自身の本当の考え方や意見が言えないのでしょうか。何の理由で常に派閥の領袖や先輩議員達の顔色を伺う必要が有るのでしょうか? 逆に教えて欲しいくらいす。それくらいの決断力と覚悟が無くてどうして一国の総理大臣に成れるというのでしょうか? 本当に聞いて呆れます。

ただし、民主的な「ディベート」の正しい運用のルールとはお互いに本音に基づいた厳しく激しい議論を闘わせた後はお互いに恨みつらみは無しと言う事です。そして、最後に出席者全員で採決を採ります。その結果採択された議決事項には反対した者も含めて全員がその決議事項の遂行に全力を尽くす事。これこそが議会制民主主義の基本的な原則なのです。ただし、どうしても採択された結果に対して協力出来ないので有れば、自分自身からその組織から去って行くことも人として採るべき最低限度の出所進退の振る舞いと言えよう。
今夜のヒゲ親父でした。

posted by ヒゲ親父 at 18:59| Comment(0) | 日記