2021年10月19日

今日は10月19日(火)。早いもので我が終生の盟友でもある、名古屋の前田先生が急逝してもうじき3ヶ月です。

本当にアッと言う間に時間だけが空しく過ぎ去って行く様です。ヒゲ親父が終生の盟友と決めて良い時も悪い時も変わらずに付き合って来た名古屋の前田 都喜春先生が急逝されて今月の23日でもうすぐ丸3ヶ月になろうとしています。歳月人を待たず❣或いはまた、去る者は日々に疎しと申します。 やっぱり、人間は誰でも生きて元気にしていてこその値打ちだと思います。非常に残念で空しい事ですが、死んだ人は段々と忘れ去られて行く宿命に有るのです。

今や身体全身の関節と言う関節が使い過ぎの為(オーバーユース)の為に完全にガタガタになっているヒゲ親父です。何とか気力を振り絞って前田先生の分までもう少しだけ長生きをしたいと願っています。そして、たった一人取り残されたヒゲ親父の最期の責任として? 前田先生と約束したことを残りの人生を賭けて果たして参る覚悟です。

確かに前田先生との数々の鮮烈な想い出は枚挙にいとまが有りません。前田先生との付き合いは名城大学の「バーベル部」以来からの付き合いです。かれこれ約50年以上もの永きに渡る付き合いでした。彼はヒゲ親父とはちょうど「3歳年上の兄貴分」の存在でした。不思議なことに、血液型は2人共におなじ「A型}でした。しかし、性格や行動パターンは全く正反対の私達2人でした。前田先生は寡黙で熟慮型の温厚な性格の人柄でした。引き換え、ヒゲ親父の私は人の悪口は平気で言うおしゃべり好きの自分勝手なわがまま男の典型でした。

処で、今年の7月23日の前田先生の急逝はヒゲ親父にとっては本当に寝耳に水の思いを禁じえませんでした。まさしく自分自身の片腕をもがれた程の衝撃でした。いちいち数え上げればきりが無い程の前田先生との数々の想い出話しです。また、其の内にヒゲ親父の気持ちが落ち着いて来たらこの日記の中でも紹介したいと思います。

ヒゲ親父に取ってはまさしく全く心の準備が全然出来ていないママの状況での突然の急逝でした。先生が急逝する前には、確かに体調を崩して約58日間にも及ぶ入院生活をしていたのです。何とか体調が回復の兆しを見せ始めていた矢先に先生は退院されて、ご自宅に於いて体力の回復を目指していた矢先の突然の急逝でした。退院後はほぼ毎日お互いに携帯で体調の具合を確認し合っていました。前田先生は私に対して「中尾・俺は毎日血圧を下げる薬や高脂血症の数値を下げる薬、他にも利尿剤やら兎に角、毎日8〜9種類もの薬を飲んでいるのだ。」と言っていました。

そして、毎日携帯で話し合って携帯を切る時に前田先生は、私に対して「中尾! 皮肉にも俺は薬の飲み過ぎで間違いなく最期は薬に命を捕られてしまうわ。」と本音とも予言とも付かない? 言葉で締めくくっていたことを想いだしています。ヒゲ親父としては本当に残念だし無念な気持ちで一杯です。いわんや、奥様をはじめとして、遺されたご遺族の皆様方の無念さとやるせ無さは筆舌に尽くしがたいものが有ると拝察いたします。どうか、前田先生! 天国で安らかにお眠り下さい。合掌。今夜のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 11:21| Comment(0) | 日記

2021年10月18日

今日からは朝晩が相当に冷え込み始めました。ようやく本格的な秋の気候に成ってきました。

今日はもう10月18日(月)です。今年も残り2ヶ月余りとなりました。処で、オペックやロシア等の産油国が石油の価格を吊り上げる為に意図的に減産を図って来ました。其の目論見が図星となって現在ではガソリン価格が軒並みに急激に値上がりが始まりました。

ヒゲ親父のジムにとっても非常に頭の痛い季節が目前と成って来ました。冬場の暖房用のストーブの燃料代の灯油の価格がすでにもう1リットル当たり何と101円と言うトンデモ無い? デタラメな高値となって来ました。

此のママこの様な高止まりの灯油代金が続けばジムの1ヶ月の暖房用の灯油代金は軽〜く100,000円を超えてしまいそうです。此のママで行けば? 毎年12月〜翌年の3月迄の約4ヶ月間の暖房用の灯油代金の合計額が約400,000円と言うトンデモ無い高額な暖房費となりそうです。

本当に今年から来年に掛けての冬場の暖房費用には本当に泣かされそうです。貧乏ジムにとっては本当に頭の痛い季節がやって来ました。しかし、それでもただひたすらに頑張ってジムの運営を継続して行くしかありません。頑張ってやって行きます。今日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 17:54| Comment(0) | 日記

2021年10月12日

今般総裁に選ばれたF・K氏が首相になった新政権も? 所詮は傀儡政権の域を乗り越える事が出来ないようです。

やはり、今の自民党政権内で新たに総裁の座を目指す場合に於いても? マダマダ今のところは派閥に依存しなければ難しいのです。つまり、領袖達の意向や考え方に対して明らかに対抗する姿勢ではとても総裁には選んで貰えないのです。

新総裁に就任したF・K氏に限って言えば、先ずは先の菅政権内で幹事長として辣腕を振るって政権内で確固たる地位を誇示していたT・N氏の排除に成功したところまでは大成功でした。これも全て菅政権の元で自由奔放に振舞っていたT・N幹事長に業を煮やしていたS・A氏とT・A氏の元総理大臣の「ダブルA」による指金であったのです。結果として、F・K新政権内ではT・N元幹事長の力は完全に地に堕ちてしまいました。

しかし、彼は地元の和歌山県に里帰りして、今月中に実施される次の衆議院議員総選挙にも再度立候補するとの事です。彼はもう既に82歳の高齢です。今までにもうこれ以上は無い程の「功成り名遂げた」和歌山県が誇る偉大な政治家です。

少しは己の名を惜しむ? 慎み深い出処進退の在り方を実践すべきではないのでしょうか? 今や政界に於いては、自分自身が「利権あさりと老害議員」以外の何者でもない立場と評価に成り下がりつつ有ることに早く気付くべきです。悲しい事に?  今の政界の誰一人として彼の首に鈴を付ける勇気と覚悟のある決断力に富んだ国会議員など皆無です。

この一点を観ても? 今の自民党では若手の有能で意欲的な政治家などとても育つ土壌は無いと思われます。しかし、それ以上に悲しむべきことは今の自民党には自浄作用はおろか自分の行いや言動に対して? 「恥を知ると言う感覚」や「惻隠の情」と言うものが全く感じられないことが一番の問題点なのです。

敢えて言おう。目障りで邪魔者でもあった? T・N元幹事長の追い落とに新総裁に成ったF・K首相を擁立する事に成功した「ダブルA」でした。つまり、S・AとT・Aの確かに由緒ある名家名門育ちの二世議員の代表格です。しかしながら「人間性とおつむの悪さには?」 定評のあるお二方です。お二人とも元総理大臣経験者です。

特にT・A元総理大臣に至っては? もうお笑い以外の何物でもありません。確かに快く思っていなかって追い落としたハズのT・N元幹事長よりかは1歳下の81歳です。考えても見てください。お互いに81歳と82歳のじじい同士のバトル合戦です。目くそが鼻くそを笑うとはこのことです。笑止千万とはこのことです。

福岡県が選挙地盤のT・A元総理大臣は臆面も無く、俺はまだ81歳だからね?  まだもうあと5年間くらいは政界で働かせて貰うつもりだよ。と、性懲りも無くぬけぬけと言ったそうです。このようなことを許していては、有権者の福岡県民の皆様方の良識が疑われます。

同じように彼等2人よりかは少しだけ年齢が若いS・A元総理大臣も?  本当に自分自身の愚かさと能力の欠落ぶりが全く解っていない可哀そうな人間だと思います。何時までも日本の政界の黒幕ぶりを自分達で演出するようなバカげた事はおやめなさい。失礼ですがT・A元総理大臣も「ゲリピーのS・A元総理大臣」のお二方は共に日本の政界の黒幕を任じるには?  全ての面に於いて余りにも人間的なスケールと度量が小さ過ぎることに早く気付くべきです。恥をかいて晩節を汚す前に? ヒゲ親父が断言して置きます。
posted by ヒゲ親父 at 11:56| Comment(0) | 日記