2021年11月01日

今日からいよいよ11月です。今年も残り2ヶ月となりました。

衆議院議員選挙総も終了しました。選挙戦の前後の報道マスコミの予想も或いは政治関連の評論家や学者達の予想や見通しも全然的外れに終わりました。革命が出来ない日本人の人間性と寄らば大樹の陰にと言う当たり障りの無い日本人の気質を表した結果に終わりました。

つまり、最大与党の自民党の古参議員達が思い描いた結果に落ち着いたと言うところでしょうか。現状を大幅に変えたり、苦しい現実から逃れたいので有れば、国民自らが相当な覚悟と決意を持って現状を打破する闘いを挑むしか術は無いと思います。国民が思い切って大改革に立ち上がれ無い以上は何年間待ってももうこの国の将来は堕落と衰退の一途を辿ることは間違いが無いと思います。

今の日本の社会は間違っていることを間違いだと言えない社会状況と国民性です。自民党の政治のやり方も忖度と状況判断ばかりに比重が傾いています。自分達の信じる考え方や意見をお互いが本音で議論し合う政治姿勢は残念ながら皆無です。

この様な最初から結論ありきの出来試合の様な国会論戦ばかりでは何年間も国会議員を務めていても腹の座った政治家等はとても生まれては来ません。利権ばかりを漁る世襲議員やバカで間抜けた2世議員ばかりが幅を利かせているハズです。

しかしながら、そのような中でも一筋の光明がありました。香川県の1区の小選挙区で見事に「前のデジタル大臣」を破って前回の雪辱を果たしたJ・O議員の当選です。この事はヒゲ親父にとっても非常に嬉しい出来事でした。その人間性に於いても非常に素晴らしい人柄のJ・O議員の今後の大活躍を祈っています。今日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 13:05| Comment(0) | 日記