2021年11月12日

2週間近く日記を怠けて居ました。今日はもう11月12日(金)です。国民が気付か無い内に自民党の派閥の再編が実は着々と進んでいるのです。

性懲りも無く? 相変わらず日本の政界は衆議院議員の総選挙で自民党が単独過半数を大幅に超える圧勝を果たしました。日本国民の性格や人間性は革命や強硬な反政府活動が出来る国民性では無いことを今までヒゲ親父は論じて来ました。

日本国民の決断力と勇気の無さは時として諸刃の刃となる危険性を孕んでいます。日本国民のそのような人間性とアイデンティティーをとうの昔から見切っていたのが自民党の議員たちなのです。百姓(農業従事者)や水産業従事者等の一次産業従事者達をアメと鞭で優遇したり? 懐柔しながら自民党は政権維持に邁進して来た歴史が有るのです。

今回の衆議院議員総選挙に於いても何人かの議員は確かに落選の憂き目を見ました。しかしながら、利権あさりにうつつを抜かす? もはや老害ともいえる高齢の悪徳そのものの世襲議員達や全くバカで間抜けた2世議員達までもが改悪された現在の選挙制度で救済されて? 議員バッチを外す事無く国会へと戻って来たのです。

どうですか?その結果を観てごらんなさい。悪党どもが巣食う今の自民党政権なのです。首相が交代してもまたぞろ派閥再編が進んでいるのが? 今の自民党政治の本質なのです。派閥のご機嫌取りに振り回されない政治を今の自民党政権に求めても無駄だと思います。

従って、今の日本国に真の革新的な民主主義なんぞは絶対に育たないとヒゲ親父は断言して置きます。ヒゲ親父を含めて我々日本人は自分達の自由と命を守るためには? 国民に対して悪政を平気で施す様な欺瞞的な自民党政府に対して、いざとなった時に? 国民が一致団結して政権を交代させる位の? 鉄槌を下すだけの勇気と決断力が無い民族なのです。

つまり、日本国民のこの様な優柔不断な国民性を自民党の政治家達は見切って完全にバカにしているのです。だから、何時まで経っても自民党の政権では派閥の領袖や先輩議員達が発言力を持ったり? 現内閣に対しても陰で操るような? 二重構造の政権運営を許してしまうのです。

確かに余りにも腐敗堕落しき切った? 今の自民党政権に取って変われる様な野党が育っていない事も事実です。政権交代に対して常に意欲的で健全な野党を我々日本国民が育成して来なかったツケが今になって出て来ているのです。つまり自業自得と言う事です。此のママでは自民党に依る堕落と腐敗したデタラメな国政と外交が暫くの間は続くものと思われます。今日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 12:17| Comment(0) | 日記