2020年11月03日

日本人の知的民度のいちじるしい落ち込みがどうにも止まらない?

ここの処のヒゲ親父を含めた日本人の知的民度の劣化が止まらない。と危惧しているのはヒゲ親父1人だけでは無いと思います。戦後75年間の平和ボケした我々日本人は間違いなく総認知症化して来ている様に思われます?

その一番の原因は日米安保条約の傘下の元で国の平和と国民の安全は全てアメリカ任せにして来た事にあると思われます。日米安保条約のお蔭で?確かに日本は自国の国防をアメリカに委ねて来た為に戦後75年間はただひたすらに?経済的な発展のみに集中的にシフトする事が出来た訳である。其のことは確かに日本人の経済的な生活レベルを引き挙げました。

しかし国の存在意義や存続基盤を担う大命題とも言うべき「国防」と言う大義の大部分を?アメリカ合衆国に委ねてしまったツケがいま廻って来たのだと思われます。つまり、戦後75年が経過した現在に於いては政治家は元より?政財界の大多数のリーダーは言うに及ばず?大多数の日本国民までもが?自国の存立の意義や威信を賭けて自国を守ったり?国民の生命と財産を死守する為に外敵と生命を賭して闘うと言う気概に欠けた人間バカリに成り下がってしまいました。

解り易く言い変えれば?権利バカリを声高に主張する国民が多くなって来て?反対に義務を忠実に果たす気概と責任感に溢れた国民が少なくなって来たと言う事実です。更に言い変えれば?商売人のあきんどじゃあるまいに?ただひたすらに売り上げ高や経済的な欲望だけを満たす事が人生を生きる為の最終的な目標や意義だと信じて疑わ無い経済人や国民が如何に多くなって来たのかと言う証左だと思われます。

どうして?経済的な身の丈に応じた生活態度を維持する事がイケない事なのでしょうか?つまり、「足るを知る」或いは「中庸」と言う日本人の持つ素晴らしい「アイデンティティー」を大事にする思想や考え方を取り入れる様な生活態度を堅持する政治家や経済界のリーダーが出現しないのか?不思議で仕方がありません。どれ程に強欲で物欲主義者の人間であっても?財産をあの世までは決して持っては行けません。社会で稼いだ金は死ぬ前に社会に還元してこそ生きた証しだと思いませんか?

この事実を結論から先に言えば?アメリカ合衆国の「戦後75年間に及ぶ日本国並びに日本国民に対しての懐柔策の結果」として、75年を経た今日に至っては?人生を生きる目的や意義を完全に見失って?単なる経済的な満足感を得ることだけを人生の最終目的とする「腑抜けた日本国民を量産する事」に成功したのです。つまり、見事なまでに平和ボケした腰抜けの多くの日本国の国民を産み出すことに成功をしたと言う皮肉な事実に帰結するのです。 今夜のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 16:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: