2021年05月25日

今日はもう5月25日(火)です。もう5月も残りわずかです。決断力の無さが日本人の最大の弱点です。

政治家がだらしなくなり腐りきって来ていることは既に述べてきました。オリンピックの開催に対してもIOCのバッハ会長も副会長のコーツ氏も本当にオリンピック貴族を地で行くような自己中心的な発言にはもう言葉もありません。

国のリーダーたる総理大臣のリーダーシップの能力の欠如にはもう言葉もありません。無能で勉強不足な2世議員や政治家を政治屋とはき違えている利権や権益のみを追い求めて政界を暗躍してのさばって来た世襲議員達のたまり場が今の自民党政権の偽らざる姿だと思います。

これも全てはS・A元総理大臣に始まる丸まる8年間にも及ぶでたらめで好き勝手に振舞ったお友達内閣による政権と大臣任命劇のたらいまわしが一番の元凶でした。

何度も繰り返しますが幾ら出自が名門の出であろうと?その人間の能力や資質とは殆んど関係がありません。どのようにひいき目に見てもS・A元総理の人間的な魅力と国を引っ張る能力に素晴らしいモノがあるとは到底思えません。

そこいら辺に居るド素人の人物中にでも彼よりかは遥かに能力も資質も優れている人物はごまんといます。政治的に彼が8年間にやってきたことは本当に日本の国益を大きく毀損して来たことの方が遥かに多いとヒゲ親父は考えています。

最後に言っておきますと、日本人は知識レベルが高いので判断力は非常に優れていると思います。しかし、日本人が他の民族に比べて非常に劣っていることは「決断力」が大幅に劣っていると言う点です。

その主な原因は日本が島国であると言う地政学的な点が一番です。さらに言えば農耕民族の日本人は農作物を生産して収穫をする。そしてそれらの農産物を貯蔵して蓄える事の繰り返しで民族の調和と維持を保ってきた。

それに引き換えて狩猟民族のヨーロッパをはじめとしての他民族との著しい相違点は、先ずは生きた獣を狩猟という手段で殺すと言う行為は逆に殺される側の獣達もそう簡単に殺されてはたまるモノかと思って逃げ回ることもあるハズです。

また追い詰められた獣たち側からの反逆も当然にあり得るハズです。つまり、獣を狩猟で殺す意図の人間の側とそうはいくかい?と反逆する側の獣たちとの互いに自らの命を懸けたせめぎあいの闘いなのです。

当然の帰結として稲作を基本とする日本民族とほぼ毎日のように確かに獣を殺す殺生をする狩猟民族の他民族との一番の相違点は?生きるためとは言え!お互いの命のやり取りを日常的に行っている民族の人間は瞬間的にも自分達が生き残るための最善の手段をその場その場で決断する事を余儀なくされて来たはずです。

そこの点が最初に言った、総じて日本人は自分たちが置かれた状況に対しての判断力には非常に優れていると思います。が?イザという時の決断力が大幅に欠けていると思います。その代表例が開幕2ヶ月前の今に至るも東京オリンピック&パラリンピックの中止の決断が出来ない決断力の無さが露呈しているのです。今夜のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 22:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: