2021年11月29日

11月も残り僅かとなりました。 遂に、日本大学理事長のH・T理事長に検察からの「お縄頂戴」が下されました。

学生総数が9万人とも10万人とも言われる日本屈指のマンモス学生数を誇る? 私立大学の雄とも言われる日本大学のH・T理事長が脱税容疑で検察に逮捕されました。

学生達が現況のコロナ禍の中アルバイトで必死に成って学費を稼ぎながら、何とか食いつないでいる現実の中で、この男は一体何を想ってこの様な「人で無しの銭ゲバ人間」に成ってしまったのでしょうか?  アマチュア相撲の輝かしい実績が泣いている事を感じていないのでしょうかね。

H・T理事長の逮捕は、確かに余りにも遅きに失した感が有ります。しかしながら、日々アルバイトで食いつないでいる貧乏学生やその親御さん達の苦しみとやるせなさを考える時に、果たしてこのろくでなしの銭ゲバ人間になり下がった、H・T理事長が脱税容疑で逮捕された事実を自分自身がどの様に感じているのかを是非ともこの男に問いただして見たい気がします。

彼は過日の雑誌でのインタビュー等でも自分は「元アマチュア横綱」としての誇りを胸に心身ともに相撲道の精神に基いて精進して来た「自分自身の生き様」に私は誇りを持っていると大真面目に答えて居ました。あの時の純粋な気持ちを何処に置き忘れて来たのでしょうか。解かりやすく言えば? 多くの何にも知らない 日本大学の学生達の気持ちと苦しい懐具合とを踏みにじって食い物にして来たH・T理事長の行いに対してようやく天罰が下ったと言う事です。

この十数年間の間に権力の座に君臨して「甘い蜜を吸う快感」を覚えて心身ともに堕落してしまった? かつてのアマチュア横綱の偉大な経歴を誇った「H・T理事長」の化けの皮が此処に来てようやく、剥ぎ取られる時が来たと言うべきだと思います。

現在73歳で未だに貧乏人で商売下手のヒゲ親父より1歳上のH・T理事長です。彼は本当に今後どの面を下げて残りの人生を生きて行こうと言うのでしょうか。本当に許し難い人間と言えよう。神をも恐れぬような「えげつない守銭奴」の生き様を貫いて来たH・T理事長には今後相当に厳しい償いの日々が待っている事でしょう。
          
posted by ヒゲ親父 at 22:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: