2022年06月29日

もう今日は6月29日(水)です。明日で6月もお終い。今年も半分が過ぎました。

相変わらずいロシアのプーチン大統領はもう人間の仮面を被った極悪非道の「ならず者人間」そのものです。何処に彼の言う正義や道義や倫理観が存在すると言うのでしょうか? もうエエ加減にしないといけません。

処で、ヒゲ親父と同い年のM・Sと言う本当にバカで阿呆〜な国会議員がいるのです。ウクライナのゼレンスキー大統領に対してM・S議員はもういい加減にロシアのプーチン大統領の機嫌を損なわ無い内にウクライナのゼレンスキー大統領はこの戦争の落としどころを探らないと?いけません。そうしないと戦争の犠牲者だけが増え続けてしまう。と断じています。

何にも前後の脈絡を知らないバカな人間が突然にこの話を聞いた場合にはM・S議員の言う事も確かに一理は有あるようにも思えます。しかし、このM・S議員と言う男もロシアの傀儡人間の様などうしようもない人間の類いの国会議員だと思います。ろくでも無い男です。

確かに、彼の考え方に同調すれば其処には何等の正義も無ければ道義は勿論倫理観や宗教的な配慮のカケラさえも有りません。

ロシアの兵隊達はウクライナの婦女子に対しては強姦は言うに及ばず性的な暴力は日常茶飯事に行っていると言う事実。更にはウクライナの家庭内の電化製品や機械類は言うに及ばず全て盗み出してそれを隣国のベラルーシから宅配便でロシア兵の彼等の実家の方に送っていると言う? 本当に泥棒や強盗と同じ様な行為をしていると言うロシア兵たちの悲しい事実。

更に言えば学校や病院に対しても容赦の無いミサイル攻撃いわんや昨日と今日に至ってはショツピングモール等の日常的なスーパーマーケットの様な施設に対しても全く容赦の無いミサイル発射に依る攻撃を行っているのです。

つまり、プーチンと言う狂人のこの男はウクライナと言う独立国家に対してその主権を尊重するような態度では無いのです。

あくまでも上から目線でウクライナと言う国に対してはロシアの属国に過ぎないと言う見下した態度なのです。この様な戦争犯罪人的な事を平気で行うロシアの狂人とも言えるプーチン大統領を絶対に野放しにしておいて良いハズは誰が考えても無いと思います。

この様な野蛮で核兵器の使用をちらつかせては自由主義諸国を恫喝するような狂人的なゴロツキ人間は即刻にロシアの人間達で暗殺するかロシア国内からの政権の座から強引にでも引きずり降ろしてしまうしか術は無いと言うのがヒゲ親父の考え方です。今夜のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 22:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: