2022年10月14日

今日はもう10月14日(金)です。10月も半分が過ぎました。世界は元より日本も大混乱です。真のリーダーが不在の為に国民が泣いています。 

はてさて死んだS・A元総理大臣を勇気を持って? 「国賊」呼ばわりしたS・M元行革相に対して自由民主党は1年間の役職停止処分にしたようです。愚かな決断を下したものです。

ヒゲ親父からすれば、たった1人だけ国葬にも参加せずにしかも、S・A元総理大臣が生前に行ったまさに日本国民を欺いて邪教そのものの旧統一教会とのなれ合いやもたれあいの愚挙の行いとも言える? 裏表の2つの顔を上手に使い分けていた行為をS・M議員は義憤に駆られて? 「国賊」呼ばわりした事は誰がどの様に考えても至極まともな感覚を持っている人間が言う事だとヒゲ親父は考えています。

ヒゲ親父が彼の立場なら絶対に国賊呼ばわりした発言は撤回致しません。しかしながら、まあ、何はともあれS・M議員の現在の彼の置かれている立場を考慮すれば今回の彼の対応も大人の対応だとヒゲ親父も捉えています。

しかしながら、いずれにしても今の日本国の総理大臣を始めとして全ての閣僚に至るまでまともな良識や政治家としての国家観や本当の良識のある人間としての矜持や信念が垣間見られる政治家なんかは殆んどいません。日本国の政治家達の実力も本当に此処まで落ちぶれ果てたものだと哀れな気持ちです。

折角、アホな多くの国会議員達の中で? たった一人だけ真に勇気と正しい判断力のある政治家の1人として今回勇気と説得力の在る発言をしたS・M議員をみんなで寄ってたかって袋叩きにしたのが誰あろう? 能無し野郎の集団とも言える? 今の自由民主党の2世議員や世襲議員達の「意気地無しの集団」の国会議員達だったのです。

どうですか? もうそろそろ皆様方ももう少しだけ冷静になって考えても見てください。S・A元総理大臣が生前に彼が行っていた政治手法や政治結果を詳細に検証してみてください。どの様に弁明しても?  特に今や世間を大騒ぎさせていて? しかも我々日本人を侮辱かつ軽蔑しているまさしく邪教そのものでもある旧統一教会とのもたれ合いやなれ合いの体質どころか? 自由民主党の国会議員達の選挙時に於ける選挙運動の仲介役をS・A元総理大臣自身が自ら進んで行っていた事実はまさしく彼が日本国民を欺いて2枚舌を使っていたと言う事だと思います。

この様な我々日本国民を平気で欺くような2面性の顔を使い分けていたのがS・A元総理大臣その人だったのです。もういい加減に我々日本国民も目を覚まして?  S・A元総理大臣に対して本当に正しい評価を下すべき時が来ているとヒゲ親父は考えています。今日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 13:32| Comment(0) | 日記

2022年10月11日

今日は連休明けの10月11日(火)です。随分と日記を書くのを怠けていました。

今や世界は元より日本国に於いてもリーダーは全く不在です。全世界は勇気と決断力の在る真のリーダーが不在の為に混沌としています。

その様な中で一番本物のリーダーに近い男はウクライナのゼレンスキー大統領その人だとヒゲ親父は高く評価しています。「艱難辛苦は人を玉にすると言う」諺が有りますが? まさにロシアの狂人プーチンを相手にして此処までウクライナ国民をまとめ上げて戦い抜いて来たゼレンスキー大統領の卓越した人心掌握術は見事の一語に尽きると思います。

アメリカを初めとしてEUを含めた民主主義を基本とする自由主義陣営の国々は、これからも独立国家のウクライナを見捨てては絶対にイケません。

何としてでもプロパガンダに依る嘘や恫喝めいた偽情報で自国民を縛り付けている?  まさしく「狂人のプーチン」が自分勝手に運営する独裁国家のロシアからウクライナを引き続き守り通さねばなりません。

今日の様な何等の正義や物事の道理も踏み外した「外道そのものの振る舞い」≒「盗人国家」のロシアを許しておくことは真の民主主義の破壊を意味する事だと我々は想い知るべきです。今日のヒゲ親父でした。
posted by ヒゲ親父 at 14:43| Comment(0) | 日記

2022年10月02日

今日はもう既に10月2日(日)です。堕落&腐敗そして、忖度だけが横行する自由民主党の国会議員の中にもこんな気骨の人物が居たことを知ってマダマダ日本国は捨てたものでは無いと安堵しています。

現役の国会議員のままで遊説中に非業の最期を遂げられたS・A元総理大臣の死は本当にお気の毒でもあるし、かける言葉も無い程の可哀想な事だとも想います。

ましてや、如何なる理由が有ろうともこの様な野蛮で問答無用の暴力を持って物事の解決を図るようなやり方は法治国家の日本国に於いては絶対に許されることではありません。

しかしながら、この事実とS・A元総理大臣を国葬儀でお見送りすることとはまた、別の問題だと考えるべきだと捉えています。今や日本の政治家とりわけ政権与党の自由民主党の世襲議員や2世の国会議員達の大部分の人達は、国葬儀をする為に何等の議論や討論すらもしないママですぐさま無条件でS・A元総理大臣の国葬儀に、もろ手を挙げて賛成をしたのです。この様な全く主体性の無い事なかれ主義の集団が彼等自由民主党の今日的な姿と言うべきなのです。 

何というおぞましくもあり国権の最高機関としての責任を完全に放棄していると言わざるを得ません。本当に脳ミソが足り無い世襲議員や2世議員達で構成する現在の政権与党である自由民主党の国会議員達は腐敗と堕落をした人達の集団と言われても仕方が無いと言うのがヒゲ親父を含めての国民の半数の本音だと言えると考えて下さい。

かてて加えて、連日お茶の間では既にマスコミ報道でも白日の下に晒されている邪教とも言われる?  旧統一教会とのなれ合いとも取れる? 極端に度が過ぎた癒着と忖度ぶりには開いた口が塞がりません。

しかも、その邪教とも言える旧統一教会と自由民主党の国会議員達との間のつなぎ役(橋渡し役)を長期に渡って一人で務めていたのが誰あろう例のS・A元総理大臣その人だったことは既に関係者達の大部分の人達が証言している事実なのです。

確かにS・A元総理大臣は憲政史上に於いては8年7ヶ月間の長きに渡って日本国の内閣総理大臣の座に就いていた事は事実です。しかし、彼が内閣総理大臣に在籍していた間に行った彼の政治手法やその功績は今となって振り返れば、経済面やとりわけ国民生活における賃上げ論等の金融問題や対ロシアとの北方領土返還問題等や北朝鮮の拉致被害者の問題等を取っても全くそのどれ一つを取っても殆んど解決をしていないママで置き去りにして来ていることもまた事実なのです。

しかし、今回のS・A元総理大臣の国葬儀に対して、全くモノ言わぬ集団になり下がった自由民主党の国会議員達の中でただ一人だけ、キチンとその理由を自分の言葉で説明をした上で私は自由民主党の国会議員としてただ一人欠席をします。とハッキリと表明してその通りに欠席した国会議員が一人だけ居たのです。今の無責任極まり無い時代に於いて何という気骨のある人物なのでしょうか。

しかも、彼はS・A元総理大臣の国葬儀に欠席をしたのと同時に、S・A元総理大臣の8年7ヶ月の長期政権の間に彼こそが常に国民に対して正直に説明責任を果たすと言う日本の民主主義の政治の根幹を成す? 原則を踏みにじって本当にダメにしてしまった張本人でもあると断罪したのです。まさしく「国賊」でもあると言えると言い放っているのです。ヒゲ親父もこの点では全くS・M議員と同じ考え方です。決してS・A元総理大臣は国葬儀で見送る政治家には値しない人物だと捉えています。

キット、邪教の統一教会とのなれ合いや相互扶助のもたれあいの仲介役を長年にわたって自ら進んで一人で行って来たS・A元総理大臣の「本当の裏の顔」を垣間見た時にその「二重人格的な腹黒さ」と「言っている事と実際の行い」との余りにも乖離したS・A元総理大臣のその人間性に対して彼は醜悪さと嫌悪感を感じていたのだとヒゲ親父は直感した次第です。

それに引き換え、現在480名近くもいる自由民主党の国会議員達の大部分の人達は自分の意見や考え方は一切表明しないママでやり過ごしているのが現実の姿です。そのくせ、S・A元総理大臣を国賊呼ばわりした、S・M議員を自由民主党から除名処分にすべきだと言う阿呆でバカな議員がいるのです。己自身の信念の無さや国会議員としての最低限度の責任さえも果たさ無い「腰抜け野郎」の自由民主党の国会議員達に何で勇気と信念に基ずいて正直な本音で発言しているS・M議員を処分するだけの信念が有るとはとても思えません。彼等こそがもう少し謙虚になって己の胸に手を当てて己自身の人間的な未熟さと真の勇気の無さ対してもっと恥を知るべきだと言いたいのです。

兎に角、今の政権与党の自由民主党の国会議員達の大部分はこの際は長い物には巻かれろ式にS・A元総理大臣の国葬儀には? 我先に馳せ参じている姿を見た時に本当にこの様な情け無い「腰抜け野郎」の国会議員達にこの国の将来を任せておいて本当に大丈夫なのかと正直なところ不安に駆られます。

最後にこの様な今どきには本当に数少ない真の勇気と決断力の在る自由民主党の衆議院議員の政治家の名前を言っておきます。愛媛県選出で今治市出身の小泉内閣当時に内閣府特命担当大臣を務めた当選回数12回を誇る大ベテラン議員のS・M衆議院議員その人なのです。本当に勇気と気骨のある先生の様な自由民主党の国会議員が居たことはせめてもの救いです。最後にS・M議員の今後の益々の御活躍を御祈念いたします。今夜のヒゲ親父でした。

posted by ヒゲ親父 at 18:15| Comment(1) | 日記